禁煙外来

禁煙外来とは

禁煙外来

喫煙を現在されている方で、禁煙をしたいと考えている方を対象とした外来が禁煙外来です。喫煙による害は広く認知され、認知症などの精神疾患を含めたあらゆる病気と強く結びついています。経済的な負担だけでなく、親が喫煙者であると子供も喫煙者になりやすいとのデータから分かるように負の連鎖が起きる可能性があります。自分の世代でその連鎖を断ち切ることが次世代への負担の軽減にもつながると考えられています。

しかしながら、タバコというものは自らの意思ですっぱり止めるということは、とても困難です。なぜなら、タバコに含まれるニコチンという成分が脳にあるニコチン受容体に結合してしまい、それによってドーパミン(快感が得られる物質)が大量に放出され、タバコを吸うたびに脳が快感を味わえるようになるからです。ニコチンが切れると禁断症状(落ち着かない、イライラする など)が現れるようになるので、またタバコに手が伸びるという悪循環が続くようになるのです。なお、これはニコチン依存症という一種の薬物中毒に似た状態なので、医師の指導の下でしっかりした禁煙治療を行う必要があるのです。

治療について

禁煙治療を開始する前に、まず患者さまから現時点での喫煙状況を聞いていきます。その内容とは、1日当たりの喫煙本数やこれまでの喫煙歴といったものです。その結果、禁煙治療が必要と判断すれば、医師から禁煙補助薬が処方されるようになります。処方後は、その経過状況を医師に報告する必要があるので、治療中は定期的に通院されるようにしてください。

ちなみに禁煙治療は、ある条件を全て満たしているという場合に保険が適用されます。その適用の有無については、初回の診察時に医師が判断します。ある条件とは、以下をご覧ください。なお、保険が適用されなかった場合は、全額自己負担の自費診療となりますが、同じ内容の禁煙治療は受けられます。

  • ニコチン依存症を診断するテスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)で5点以上
  • 35歳以上の方でブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります)
  • すぐに禁煙したいと考えていること
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に同意し、説明内容に納得された時は、文書で同意(サイン等)すること

禁煙補助薬に関して

禁煙治療で用いる禁煙補助薬ですが、当院は主にニコチンパッチと内服薬のバレニクリン(商品名:チャンピックス)になります。

ニコチンパッチとは、少量ですがニコチンが含まれている貼り薬のことです。これを貼ることで皮膚からニコチンを吸収するようになります。この場合、タバコと違ってニコチン以外の有害物質を避けることができるようになるわけですが、そのうちニコチンパッチもしなくていい状態にしていきます。使用方法ですが、朝の起床後に上腕、腹部、背中といった部位にニコチンパッチを貼っていき、就寝前に剥がしていきます。同じ箇所に貼り続けるとかぶれなどの皮膚症状が出るので、その都度変えていきます。

またバレクリニンはニコチン成分のない内服薬になりますが、脳内のニコチン受容体に作用するという効果があります。したがって、ニコチンが切れることによる禁断症状(イライラ感 など)を抑えられるようになります。

なお同薬は、最初の1週間は喫煙しながら内服していき、8日目から禁煙をしていきます。ちなみに併用期間中にタバコが美味しくないということから、8日を待つことなく禁煙してしまう患者さんもいます。そのため1週間を待たずに禁煙状態になることも少なくありません。またバレクリニンには、禁断症状を抑えるだけでなく、喫煙による満足感も抑制できるようになります。

副作用につきましては、吐き気、不眠症、頭痛などの症状が報告されています。また、うつ病の患者さまが服用すると、うつ症状が悪化する可能性があります。

当クリニックでは、喫煙が非常に強い動脈硬化の危険因子であることから、患者さんと相談の上、禁煙できるように全力で取り組んでいます。

診療内容
循環器内科、内科
住所
〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目10-18
アクセス
JR「川口駅」東口徒歩3分
048-229-3710
Web予約
休診日:木曜日、日曜日・祝日
星マーク...土曜日の診療時間は9:00-13:00
白マル...第二土曜日 14-17時はデバイス外来
診療時間 日祝
7:30-9:00
オンライン診療
黒マル 黒マル 黒マル 黒マル
9:00-12:00 黒マル 黒マル 黒マル 黒マル 星マーク
14:00-18:00 黒マル 黒マル 黒マル 白マル
18:00-20:00 黒マル
Page Top